「Smile」

ほほ笑もう
心が痛んでいても

ほほ笑もう
心が壊れそうになっていても

空に雲がかかっていても
きっと君ならくぐり抜けられる

怖いときも苦しいときも ほほ笑めば

ほほ笑めば きっと明日

太陽が君のために
ひかり輝いていることに気づくから

喜びで照らそう
君の顔を

隠してしまおう
悲しみの跡を

もしかしたら
涙がずっと近くにいるかもしれないけれど

そんな時こそ
何度も試してみるんだ

ほほ笑もう
「泣くこと」って何のためにあるのだろう

見つかるはずだよ
人生にはまだまだ価値があるって

君が
ほほ笑みさえすればね